どこかの世界の小さな物語

『空島』

まだ見ぬ世界を探しに。今日も相棒のスケボーと旅をする。街の人に空島なんて伝説だよって何度も聞かされた。それでも探しに行くのが僕なんだ。

 

『夜は欠伸を移すのが得意』

夜は大きな澄んだ目をしている。仕事はやさしい声でおやすみを言うこと。笑う時はくすくすと笑う。好きな色は黒…ではなく白 笑。白いワンピースをこよなく愛している。音楽を聴くときは目を閉じるのが癖。オムライスが好き。海が好き。もちろん、朝のことも。

 

『虹の架け方』

「ねえ、あなたアメオトコでしょ?その顔はやっぱり。わたし、ハレオンナなの。ちょっと一緒に来てくれる?虹を架けたいところがあるの。ほら二人がいれば虹が架かるでしょ?」

 

『雨』

”虹色の雨が降る街だからなのか、多くの人は雨が好きだと言う”

透明な雨が降る世界のこと知ったらなんて思うかな

『Dream diver』

夢の中で苦しむ人の所に行き助けるのが主な仕事。夢から覚めると夢主は助けられたことを忘れてしまうのが特徴。それでも今日もどこかの夢の中で誰かの夢を助けてる。"夢でまた会いましょう。でも会わないのが一番ね"

 

 

SHORT STORY

Copyright © 2016 空想絵本 瀬文ユースケ